元関脇・若翔洋 加古川で墓石会社の広告塔になっていた

公開日:  更新日:

「加古川市内の1LDKマンションに一人暮らししてる。もちろん、住民票もちゃんと移したし、もうすっかり播州の人間だよ」

■あちこちで飲食業を経験

 若翔洋さんは生まれも育ちも東京・中野。加古川とはどんな縁があったのか?

「2年前の12月19日に関西の後援者に出資してもらい、市内に『力士料理 若翔洋』を開いたんだ。オレ、引退後、目黒で無国籍料理店をやったり、外食チェーンの店舗・広報マネジャーを担当してたりして、ずっと飲食関係に携わってきただろ。経験豊富なんだ。加古川の店もチャンコ料理を中心に、創作イタリアンから焼き鳥まで幅広いメニューでけっこう評判だった。ところが、賃貸契約と移転問題で6月30日限りで泣く泣く閉店せざるを得なくなってね。さあ、これからどうしようかと迷ってる時、山石の山本俊之社長に誘っていただき、今の仕事に就いたんだ。やってみると、天職だと思うくらい、オレにピッタリの仕事だったわ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る