元関脇・若翔洋 加古川で墓石会社の広告塔になっていた

公開日: 更新日:

 山石ピクチャーズは町おこしイベント、飲食店のプロデュースやアイドルの発掘・育成、テレビ・ラジオ番組制作などを行っており、若翔洋さん、つまりは広告塔だ。確かに巨体はどこでも注目の的。宣伝効果はバツグンだ。

「そのあたりのパフォーマンスはオレも十分に心得てるよ。『食い尽くし』と称して市内の飲食店をアポなしで訪れて食べまくり、それをフェイスブックやブログにアップし、番組にもフィードバックしてる。先週はお好み焼き屋に行き、お好み焼き5人前、チャーハン、焼きうどん、もんじゃ焼き、そば飯をそれぞれ1人前完食。それでも足りず、ファミレスでハンバーグ定食とスイーツを食べたよ。代金はすべて山本社長が払うとなれば、遠慮してちゃ失礼じゃないか、ハハハ。ダイエット? オレの辞書にそんな言葉はないな」

 また、04年に総合格闘技団体「パンクラスMEGATON」に入団して以来、「K-1」「HERO's」「IGF」「DEEPメガトン」「Survivor」「武道掣圏」などに参戦。今も現役格闘家として2カ月に1度のペースでリングに上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る