日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今度はクラブ暴行疑惑…巨人・沢村「新ストッパー」への不安

「能力はある。でも、それと資質は別問題だ」

 評論家の権藤博氏はこう言っている。

 来季からリリーフに回る巨人の沢村拓一(26)に期待する声が大きい。配置転換を決めた原監督は、「ボクの初夢は慎之助の三冠王と沢村のセーブ王」とまで言った。気持ちは分かる。

 150キロ超の直球を持ち、三振を取れるフォークもある。先発で5勝3敗に終わった今季も、「調子のいいときは手も足も出ない」と他球団から恐れられた。「調子のいいときは」と条件が付くのは、好不調の波が特に制球力に顕著に表れるから。ストライクを取るのに汲々としているときはごまかしがきかず、途端に投球が単調になるからだが、その悪癖も「1イニングの抑えなら、細かい制球力など気にせず勢いで押せる」(チーム関係者)と、リリーフに転向することで解消されるとの見方が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事