巨人沢村は「リリーフ転向でひと皮むける」にこれだけの根拠

公開日: 更新日:

「彼の球威と現状のコントロールの精度からすれば、適性はあるのではないか」

 中大の前監督、高橋善正氏(評論家)がこう言った。

 巨人の沢村拓一(26)が来季からリリーフに転向することが決まった。秋季練習の初日に原監督から通達され、沢村は「やりがいがある。(抑えか中継ぎか)決まっているわけではないので、アピールしたい」と意気込んだ。

 教え子に恩師は、「今年の沢村を見ていると、1回り目は完璧に抑えるけど、打順が2、3回り目になる中盤以降に打たれることが多かった。150キロを超える直球の威力はある。フォークもあって三振が取れる。長い回を投げる先発では制球力がより大事になるが、八、九回と試合が終盤になると、打者の方にプレッシャーがかかってボール球に手を出すケースが増えてくる。沢村のアバウトなコントロールでは、先発は苦しくても終盤の1イニングなら、本来の力でねじ伏せる投球スタイルが生きてくると思う」と言うのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る