巨人沢村は「リリーフ転向でひと皮むける」にこれだけの根拠

公開日:  更新日:

「彼の球威と現状のコントロールの精度からすれば、適性はあるのではないか」

 中大の前監督、高橋善正氏(評論家)がこう言った。

 巨人の沢村拓一(26)が来季からリリーフに転向することが決まった。秋季練習の初日に原監督から通達され、沢村は「やりがいがある。(抑えか中継ぎか)決まっているわけではないので、アピールしたい」と意気込んだ。

 教え子に恩師は、「今年の沢村を見ていると、1回り目は完璧に抑えるけど、打順が2、3回り目になる中盤以降に打たれることが多かった。150キロを超える直球の威力はある。フォークもあって三振が取れる。長い回を投げる先発では制球力がより大事になるが、八、九回と試合が終盤になると、打者の方にプレッシャーがかかってボール球に手を出すケースが増えてくる。沢村のアバウトなコントロールでは、先発は苦しくても終盤の1イニングなら、本来の力でねじ伏せる投球スタイルが生きてくると思う」と言うのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る