異例の投手練習非公開 囁かれる巨人CS初戦先発「沢村説」

公開日:  更新日:

 内海か沢村か――。巨人は13日、阪神とのCSファイナルステージ(15日~)に先発予定の内海哲也(32)と沢村拓一(26)がジャイアンツ球場で調整した。

 室内練習場で報道陣をシャットアウトし、1時間ほど汗を流した内海は「集中して練習できた」と言い、沢村は「やることは変わらない」と話した。

 今年の巨人は「非公開」が多い。これまでは「サインプレー」の確認が主だったが、投手練習そのものを隠すのは異例中の異例。12勝でチーム勝ち頭の菅野が万全なら、小細工は必要なかった。それが右ヒジの靱帯損傷で離脱中。CSはエースの内海で開幕するとみられ、去る9日のシート打撃でも内海、沢村の順で投球したが、これをうのみにはできない。さる巨人OBがこう言う。

「2人の阪神との相性を見ると、内海は0勝1敗、防御率5.54といまひとつ。沢村は2勝2敗、2.93とそこそこ抑えている。相性もさることながら、原監督は短期決戦用に救援陣を強化したい思惑がある。今季7勝9敗の内海じゃなくて沢村が“開幕投手”かもしれない。初戦に先発すれば、2、3戦目以降はリリーフに組み込むことも可能。沢村は昨年の後半に中継ぎの経験もある。『守り勝つ』と宣言している原監督が不安視しているのは、菅野不在の先発ではなくてリリーフなんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る