異例の投手練習非公開 囁かれる巨人CS初戦先発「沢村説」

公開日: 更新日:

 内海か沢村か――。巨人は13日、阪神とのCSファイナルステージ(15日~)に先発予定の内海哲也(32)と沢村拓一(26)がジャイアンツ球場で調整した。

 室内練習場で報道陣をシャットアウトし、1時間ほど汗を流した内海は「集中して練習できた」と言い、沢村は「やることは変わらない」と話した。

 今年の巨人は「非公開」が多い。これまでは「サインプレー」の確認が主だったが、投手練習そのものを隠すのは異例中の異例。12勝でチーム勝ち頭の菅野が万全なら、小細工は必要なかった。それが右ヒジの靱帯損傷で離脱中。CSはエースの内海で開幕するとみられ、去る9日のシート打撃でも内海、沢村の順で投球したが、これをうのみにはできない。さる巨人OBがこう言う。

「2人の阪神との相性を見ると、内海は0勝1敗、防御率5.54といまひとつ。沢村は2勝2敗、2.93とそこそこ抑えている。相性もさることながら、原監督は短期決戦用に救援陣を強化したい思惑がある。今季7勝9敗の内海じゃなくて沢村が“開幕投手”かもしれない。初戦に先発すれば、2、3戦目以降はリリーフに組み込むことも可能。沢村は昨年の後半に中継ぎの経験もある。『守り勝つ』と宣言している原監督が不安視しているのは、菅野不在の先発ではなくてリリーフなんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

もっと見る