巨人3連敗の戦犯は沢村?…優勝後クラブで遊び狂っていた

公開日: 更新日:

 セ・リーグ覇者の巨人が悪夢の3連敗だ。
 17日のCSファイナルステージ第3戦。巨人は2点リードから六回に追いつかれると、七回にゴメスの2点適時打で勝ち越しを許し、2-4で逆転負け。リーグ優勝のアドバンテージを生かせず、阪神に日本シリーズ進出へ王手をかけられた。

 巨人が完敗を喫したこの3連戦。振り返ると、巨人ベンチに不穏なムードが漂い"潮目を変えた"と言われるのが、16日の第2戦、阪神・上本に頭部直撃の死球を投げた沢村拓一(26)の「危険球退場」だった。阪神ファンから飛ぶ「帰れ! 帰れ!」の怒号で、東京ドームは異様な雰囲気に包まれた。

 この日の沢村は5回途中を4失点。顔面蒼白でマウンドを降りる姿を見て、気の毒に思った巨人ファンもいるだろう。しかし、「3連敗の戦犯のひとりは沢村。同情の余地はない」という声もある。「沢村の大乱調は、リーグ優勝後に調子に乗って夜遊びをしすぎたせい」(野球関係者)というのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る