サブロー熱望も…千葉マリン「ドーム化」を阻むいくつもの壁

公開日:  更新日:

 来季で21年目を迎えるロッテのサブローが24日、QVCマリンで契約更改。現状維持の1億3000万円でサインした。会見では「ぜひとも『ドーム球場』を造ってほしい。周辺に人が集まる(商業)施設などと合わせ、千葉全体で盛り上げる“新名所”があるといい。どなたか手を挙げてくれる人はいないですかね」と語った。

 マリン球場の「ドーム構想」は90年に開場してからずっと言われ続けてきた話だ。県立公園内にあるこの球場の所有者は千葉市ということで、ドーム化にはいくつもの壁がある。

 千葉ロッテの今季主催試合の観客数は約122万人。12球団最少だ。「ドーム球場にすれば千葉市のランドマークとして集客力もアップする」という人もいるのだが、そもそもこの球場は最寄り駅の「海浜幕張」から徒歩で15分もかかる上、近隣に商業施設もないことが観客が少ない主たる原因といわれている。

 そのためファンの間では「ドーム化より、千葉みなと止まりのモノレールを引っ張ってきた方が客が入る」という声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る