サブロー熱望も…千葉マリン「ドーム化」を阻むいくつもの壁

公開日: 更新日:

 来季で21年目を迎えるロッテのサブローが24日、QVCマリンで契約更改。現状維持の1億3000万円でサインした。会見では「ぜひとも『ドーム球場』を造ってほしい。周辺に人が集まる(商業)施設などと合わせ、千葉全体で盛り上げる“新名所”があるといい。どなたか手を挙げてくれる人はいないですかね」と語った。

 マリン球場の「ドーム構想」は90年に開場してからずっと言われ続けてきた話だ。県立公園内にあるこの球場の所有者は千葉市ということで、ドーム化にはいくつもの壁がある。

 千葉ロッテの今季主催試合の観客数は約122万人。12球団最少だ。「ドーム球場にすれば千葉市のランドマークとして集客力もアップする」という人もいるのだが、そもそもこの球場は最寄り駅の「海浜幕張」から徒歩で15分もかかる上、近隣に商業施設もないことが観客が少ない主たる原因といわれている。

 そのためファンの間では「ドーム化より、千葉みなと止まりのモノレールを引っ張ってきた方が客が入る」という声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る