サブマリン渡辺獲得? いまや阪神は元メジャーの“天下り先”

公開日:  更新日:

 阪神が元ロッテの渡辺俊介(38)の獲得に向け調査することを、15日付のスポーツ紙が報じた。

 渡辺は昨オフ、ロッテからメジャー挑戦。レッドソックスとマイナー契約を結ぶも、3月中に解雇。その後は米独立リーグを経て、現在はベネズエラのチームと契約している。

 05年は15勝を挙げたサブマリンも、昨季はわずか6試合で4敗。「下手投げがいないセなら活躍できるかも」なんて声もあるが、評論家の高橋善正氏は「難しいでしょう」と言う。

「日本でもすでに落ち目だった選手。緩急で生きてきた投手は、変化球のキレがなくなれば通用しなくなる。DH制度のないセの打者は、パの打者よりもボールに食らいついていく傾向があるからなおさらです。下から投げているというだけでは通用しません。阪神も渡辺などに興味を示さず、若手投手を起用するほうが正解だと思うんですけどね……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る