サブマリン渡辺獲得? いまや阪神は元メジャーの“天下り先”

公開日:  更新日:

 阪神が元ロッテの渡辺俊介(38)の獲得に向け調査することを、15日付のスポーツ紙が報じた。

 渡辺は昨オフ、ロッテからメジャー挑戦。レッドソックスとマイナー契約を結ぶも、3月中に解雇。その後は米独立リーグを経て、現在はベネズエラのチームと契約している。

 05年は15勝を挙げたサブマリンも、昨季はわずか6試合で4敗。「下手投げがいないセなら活躍できるかも」なんて声もあるが、評論家の高橋善正氏は「難しいでしょう」と言う。

「日本でもすでに落ち目だった選手。緩急で生きてきた投手は、変化球のキレがなくなれば通用しなくなる。DH制度のないセの打者は、パの打者よりもボールに食らいついていく傾向があるからなおさらです。下から投げているというだけでは通用しません。阪神も渡辺などに興味を示さず、若手投手を起用するほうが正解だと思うんですけどね……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  7. 7

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  8. 8

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  9. 9

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  10. 10

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

もっと見る