日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アギーレは優しい」 ロッテのメキシコ人助っ人が太鼓判

 今月サッカー日本代表監督に就任したメキシコ人のハビエル・アギーレ氏(55)。母国代表を2度W杯ベスト16に導いた指導実績などが評価されている一方、「問題視」されているのが気性の激しさだ。

 試合中にエキサイトするのは日常茶飯事。09年の北中米カリブ海サッカー連盟主催のゴールドカップ(パナマ戦)では、試合中に熱くなってタッチライン際でプレーする相手選手を蹴飛ばし退場処分になったほど。

「短気」な指揮官が日本代表をまとめることができるのか。早くも懸念する声も聞かれるが、意外な人物が「アギーレは日本を成功に導いてくれるはず」と言うのだ。

 その人物とはプロ野球ロッテに在籍する新外国人選手、ルイス・クルーズ(30=元ヤンキース)だ。

 クルーズはアギーレ氏と共通の知人がいるため「ブラジルW杯前から、彼のことは知り合いからよく聞いていた」そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事