松本山雅でJ1に旋風 “昇格請負人”反町康治監督の「組織論」 

公開日:  更新日:

 静岡・清水東高から一般入試で慶応大に進み、総合職で入った全日空に在籍しながらサラリーマンJリーガーとして脚光を集めた反町康治氏(50)。指導者に転身後、03年にはJ2新潟を、09年には湘南を、そして14年には松本をJ1に導いた。国内屈指の「J1昇格請負人」は地方クラブの松本をどうやってトップリーグにまで引っ張り上げたのか?

 14年11月1日の福岡戦に勝利し、悲願のJ1昇格を決めました。

 それからの取材ラッシュは凄まじいのひと言。14年中だけで約100件。連日マネジャーに言われるままに動き、まるで芸能人並み(笑い)。それだけ松本山雅が注目されるのは、うれしいことではありますが――。

 12年1月、初めて松本に来た時、正直に言って「まとまりのまったくないチーム」だと思いました。前年のJFLでは反則、異議、遅延が多すぎたし、練習や生活態度に問題のある選手もいた。まるで昔の人気アニメ「アパッチ野球軍」(苦笑)でした。「これは大変な仕事になるな」と感じたけど、腹をくくるしかなかった。最初の御殿場合宿から走力強化と守備戦術の刷り込みを徹底的にやり、みんながガムシャラについてきてくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る