ソフトバンク工藤新監督を悩ます“元怪物”松坂大輔の処遇

公開日: 更新日:

松坂大輔を獲得しろ!」

 日本シリーズ直後、ソフトバンクの孫正義オーナー(57)が直々に指令を下した。

 今オフ、4年総額16億円でソフトバンク入りし、日本球界に復帰した松坂大輔(34)。孫オーナーが期待したのは成績以上に、知名度と集客力である。

 高校時代に一世を風靡した「怪物」、その名前を知らない日本人はいない、と言っても過言ではないから、当然メディアも松坂を大きく扱うし、普段球場に行かない層の来場も期待できる。孫オーナーとしてはそうした事情を考えれば、年俸4億円でも十分お釣りがくると踏んだのだろう。

 一方、頭が痛いのは工藤新監督(51)だ。監督はおろか、コーチ経験すらない。当初は尻込みしたが、王球団会長に頭を下げられて昨季日本一になったチームの監督を引き受けざるを得なかった。そこに“客寄せパンダ”まで押し付けられた恰好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る