• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトバンク工藤新監督を悩ます“元怪物”松坂大輔の処遇

「松坂大輔を獲得しろ!」

 日本シリーズ直後、ソフトバンクの孫正義オーナー(57)が直々に指令を下した。

 今オフ、4年総額16億円でソフトバンク入りし、日本球界に復帰した松坂大輔(34)。孫オーナーが期待したのは成績以上に、知名度と集客力である。

 高校時代に一世を風靡した「怪物」、その名前を知らない日本人はいない、と言っても過言ではないから、当然メディアも松坂を大きく扱うし、普段球場に行かない層の来場も期待できる。孫オーナーとしてはそうした事情を考えれば、年俸4億円でも十分お釣りがくると踏んだのだろう。

 一方、頭が痛いのは工藤新監督(51)だ。監督はおろか、コーチ経験すらない。当初は尻込みしたが、王球団会長に頭を下げられて昨季日本一になったチームの監督を引き受けざるを得なかった。そこに“客寄せパンダ”まで押し付けられた恰好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る