9年ぶり日本復帰も…金満SBで囁かれる「松坂の飼い殺し」

公開日: 更新日:

「みなさんの期待も感じるし、それに応える自信もある。不安もあるがプレーしていく中で打ち消していけたらいい」

 メジャーのメッツからFAとなりソフトバンク入りした松坂大輔(34)。入団会見ではこう語り、二刀流の日本ハム大谷との対戦を「楽しみにしている」とも言った。

 かつては、日本のWBC連覇やレッドソックスのワールドシリーズ制覇に貢献も、ここ6年は2ケタ勝利がない。サビついた右腕にソフトバンクは3年総額12億円の超破格な条件を出して話がまとまったが、今の松坂に160キロ近い剛速球はない。体も太くなり、投げる際には右肘も下がる。日本に戻ってきたからといって、バッタバッタと三振は取れない。かといって、コースを丁寧に突いたり、変化球を駆使しての技巧派に変身もできない。それでも「補強は実績のある大物」が口癖の孫オーナーは、他球団が呆れるぐらいのカネを積んでこの右腕を獲った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  8. 8

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  9. 9

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る