9年ぶり日本復帰も…金満SBで囁かれる「松坂の飼い殺し」

公開日:  更新日:

「みなさんの期待も感じるし、それに応える自信もある。不安もあるがプレーしていく中で打ち消していけたらいい」

 メジャーのメッツからFAとなりソフトバンク入りした松坂大輔(34)。入団会見ではこう語り、二刀流の日本ハム大谷との対戦を「楽しみにしている」とも言った。

 かつては、日本のWBC連覇やレッドソックスのワールドシリーズ制覇に貢献も、ここ6年は2ケタ勝利がない。サビついた右腕にソフトバンクは3年総額12億円の超破格な条件を出して話がまとまったが、今の松坂に160キロ近い剛速球はない。体も太くなり、投げる際には右肘も下がる。日本に戻ってきたからといって、バッタバッタと三振は取れない。かといって、コースを丁寧に突いたり、変化球を駆使しての技巧派に変身もできない。それでも「補強は実績のある大物」が口癖の孫オーナーは、他球団が呆れるぐらいのカネを積んでこの右腕を獲った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る