ソフトバンク松坂を専門家がシビアに予想 「せいぜい6勝」

公開日:  更新日:

「15勝や20勝ができるか? それはちょっと厳しいかもしれない。西武時代の後輩ですし、頑張ってほしいですが……」

 西武OBでスカパー・JスポーツのMLB中継解説者を務める三井浩二氏がこう言った。4年16億円ともいわれる破格の条件でソフトバンク入りする松坂大輔(34)には専門家のシビアな見方が多い。

 9年ぶりに日本球界復帰が決まった松坂は西武時代、新人年の99年にいきなり16勝を挙げる鮮烈デビューを果たしてチームのエースとして君臨。04年アテネ五輪、06年WBCでは日本のエース格として活躍すると、06年オフにポスティングでメジャー移籍。1年目に15勝、2年目には18勝をマークした。

 が、11年の右肘手術以降は3年でわずか7勝。今季は中継ぎに降格していた。日米通算164勝の実績はあっても、年俸4億円なら来季は少なくとも15勝以上はしないとワリに合わない。松坂は入団会見で「不安に思われるのは当然だが、来季が終わったころに、その心配はいらなかったと思われるように頑張りたい」と力強かったが、「かつての輝きを取り戻すのは難しい」という関係者は少なくないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る