ソフトバンク松坂を専門家がシビアに予想 「せいぜい6勝」

公開日:  更新日:

「15勝や20勝ができるか? それはちょっと厳しいかもしれない。西武時代の後輩ですし、頑張ってほしいですが……」

 西武OBでスカパー・JスポーツのMLB中継解説者を務める三井浩二氏がこう言った。4年16億円ともいわれる破格の条件でソフトバンク入りする松坂大輔(34)には専門家のシビアな見方が多い。

 9年ぶりに日本球界復帰が決まった松坂は西武時代、新人年の99年にいきなり16勝を挙げる鮮烈デビューを果たしてチームのエースとして君臨。04年アテネ五輪、06年WBCでは日本のエース格として活躍すると、06年オフにポスティングでメジャー移籍。1年目に15勝、2年目には18勝をマークした。

 が、11年の右肘手術以降は3年でわずか7勝。今季は中継ぎに降格していた。日米通算164勝の実績はあっても、年俸4億円なら来季は少なくとも15勝以上はしないとワリに合わない。松坂は入団会見で「不安に思われるのは当然だが、来季が終わったころに、その心配はいらなかったと思われるように頑張りたい」と力強かったが、「かつての輝きを取り戻すのは難しい」という関係者は少なくないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る