ソフトバンク松坂を専門家がシビアに予想 「せいぜい6勝」

公開日: 更新日:

「15勝や20勝ができるか? それはちょっと厳しいかもしれない。西武時代の後輩ですし、頑張ってほしいですが……」

 西武OBでスカパー・JスポーツのMLB中継解説者を務める三井浩二氏がこう言った。4年16億円ともいわれる破格の条件でソフトバンク入りする松坂大輔(34)には専門家のシビアな見方が多い。

 9年ぶりに日本球界復帰が決まった松坂は西武時代、新人年の99年にいきなり16勝を挙げる鮮烈デビューを果たしてチームのエースとして君臨。04年アテネ五輪、06年WBCでは日本のエース格として活躍すると、06年オフにポスティングでメジャー移籍。1年目に15勝、2年目には18勝をマークした。

 が、11年の右肘手術以降は3年でわずか7勝。今季は中継ぎに降格していた。日米通算164勝の実績はあっても、年俸4億円なら来季は少なくとも15勝以上はしないとワリに合わない。松坂は入団会見で「不安に思われるのは当然だが、来季が終わったころに、その心配はいらなかったと思われるように頑張りたい」と力強かったが、「かつての輝きを取り戻すのは難しい」という関係者は少なくないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る