日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

肉体改造に暗雲 ソフトB松坂が漏らした「単身赴任」への不安

 ソフトバンクに加入した松坂大輔(34)の「肉体改造」が、早くも頓挫する気配だ。

 本人はソフトバンク入団前に、現在90キロ超の体重を来シーズン前までに85キロ程度まで落とすと宣言。体のキレを取り戻したうえで、9年ぶりとなる日本球界の開幕に臨むつもりだ。ところが、その言葉とは裏腹に、肉体改造は進んでいないばかりか、松坂を知る関係者によれば、「単身赴任」への不安を口にし始めているというのだ。

 松坂は04年に元日本テレビアナウンサーの倫世夫人と結婚。以後は、食事面を含めた体調管理を夫人に一任してきた。しかし、その夫人は「子供の教育」を理由に現在自宅のある米ボストンに残ることに。松坂は30代中盤で単身赴任生活を余儀なくされる。本人は約10年ぶりの「一人暮らし」が相当不安なようで、周囲に「自分の体調を管理できるのか」と漏らしているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事