釜本氏が見たヨルダン戦 「不満はパスの精度が低すぎたこと」

公開日: 更新日:

 日本代表をひいき目に見たのでも、ヨルダンを意識的に格下と断じたわけでもない。あくまで試合をニュートラルに見て「日本とヨルダンとの間には、大きなレベル差があった」と感じた。

 それを前提に試合を振り返ると不満点は多い。 何よりも「パスの精度の低さ」である。

 数字の上では、日本のシュート数は19本(ヨルダン5本)となっているが、2得点にとどまった原因は、やはりピンポイントパスの精度が低くて、シュートがゴールにつながらないのだ。とにかく「この辺りに入れておけばいいや」というパスばかりが目についた。

 対戦相手が欧米の強豪国なら、情状酌量の余地もあるが、相対的にレベルの低いアジア勢と対戦してパスの精度が低いのは、世界と戦っていくのに致命的となる。

 それでもヨルダン戦の後半37分の2点目は、まずまずの形からの得点だった。後半途中出場のFW武藤(嘉紀=22)が左サイドを突破。2列目からのMF香川(真司=25)の攻め上がりのタイミングを待って、足元に絶妙なパスを通した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  2. 2

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

  7. 7

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  8. 8

    北川景子「リコカツ」堅調も…変わらぬ美貌が“足かせ”に?

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る