• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

釜本氏が見たヨルダン戦 「不満はパスの精度が低すぎたこと」

 日本代表をひいき目に見たのでも、ヨルダンを意識的に格下と断じたわけでもない。あくまで試合をニュートラルに見て「日本とヨルダンとの間には、大きなレベル差があった」と感じた。

 それを前提に試合を振り返ると不満点は多い。 何よりも「パスの精度の低さ」である。

 数字の上では、日本のシュート数は19本(ヨルダン5本)となっているが、2得点にとどまった原因は、やはりピンポイントパスの精度が低くて、シュートがゴールにつながらないのだ。とにかく「この辺りに入れておけばいいや」というパスばかりが目についた。

 対戦相手が欧米の強豪国なら、情状酌量の余地もあるが、相対的にレベルの低いアジア勢と対戦してパスの精度が低いのは、世界と戦っていくのに致命的となる。

 それでもヨルダン戦の後半37分の2点目は、まずまずの形からの得点だった。後半途中出場のFW武藤(嘉紀=22)が左サイドを突破。2列目からのMF香川(真司=25)の攻め上がりのタイミングを待って、足元に絶妙なパスを通した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る