• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

釜本氏が見たヨルダン戦 「不満はパスの精度が低すぎたこと」

 日本代表をひいき目に見たのでも、ヨルダンを意識的に格下と断じたわけでもない。あくまで試合をニュートラルに見て「日本とヨルダンとの間には、大きなレベル差があった」と感じた。

 それを前提に試合を振り返ると不満点は多い。 何よりも「パスの精度の低さ」である。

 数字の上では、日本のシュート数は19本(ヨルダン5本)となっているが、2得点にとどまった原因は、やはりピンポイントパスの精度が低くて、シュートがゴールにつながらないのだ。とにかく「この辺りに入れておけばいいや」というパスばかりが目についた。

 対戦相手が欧米の強豪国なら、情状酌量の余地もあるが、相対的にレベルの低いアジア勢と対戦してパスの精度が低いのは、世界と戦っていくのに致命的となる。

 それでもヨルダン戦の後半37分の2点目は、まずまずの形からの得点だった。後半途中出場のFW武藤(嘉紀=22)が左サイドを突破。2列目からのMF香川(真司=25)の攻め上がりのタイミングを待って、足元に絶妙なパスを通した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る