日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アギーレ日本全勝で8強も「チーム力は上がっていない」の声

 アジア杯で日本代表が1次リーグ3連勝でD組を首位通過。決勝トーナメント初戦となる準々決勝(23日)でC組2位のUAEと対戦する。

 引き分け以上で首位通過の日本。対するヨルダンは、引き分けでは決勝T進出が厳しい。序盤から目の色を変え、日本選手を意図的なラフプレーで“削って”ばかり。それでも先制点を決めたのは日本だった。

 前半24分、左サイドを抜け出したFW岡崎慎司(28)がシュート。相手GKのはじいたボールをFW本田圭佑(28)が右足で押し込んだ。

 追加点は後半37分。 3分前に交代出場してフレッシュなFW武藤嘉紀(22)が、左サイドに進入してラストパスを狙う。2列目からMF香川真司(25)が飛び出してきた。疲れて足の止まったヨルダンの選手は誰も付いていけず、武藤のパスを右足で合わせた香川が、9試合ぶりのゴールで試合を決定付けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事