アギーレ日本全勝で8強も「チーム力は上がっていない」の声

公開日:  更新日:

 アジア杯で日本代表が1次リーグ3連勝でD組を首位通過。決勝トーナメント初戦となる準々決勝(23日)でC組2位のUAEと対戦する。

 引き分け以上で首位通過の日本。対するヨルダンは、引き分けでは決勝T進出が厳しい。序盤から目の色を変え、日本選手を意図的なラフプレーで“削って”ばかり。それでも先制点を決めたのは日本だった。

 前半24分、左サイドを抜け出したFW岡崎慎司(28)がシュート。相手GKのはじいたボールをFW本田圭佑(28)が右足で押し込んだ。

 追加点は後半37分。 3分前に交代出場してフレッシュなFW武藤嘉紀(22)が、左サイドに進入してラストパスを狙う。2列目からMF香川真司(25)が飛び出してきた。疲れて足の止まったヨルダンの選手は誰も付いていけず、武藤のパスを右足で合わせた香川が、9試合ぶりのゴールで試合を決定付けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る