釜本邦茂氏が不満 「パレスチナ戦で日本が得たものはゼロ」

公開日: 更新日:

 あのパレスチナを相手に4-0か……。何て言えばいいんだろうね。

 テレビが「初戦は難しい。秘密兵器もいる」と危機感をあおり過ぎ、あたかも難敵に快勝したように思ったサッカーファンもいたかも知れない。

 トンデモナイ話だ。ブラジルW杯とメンバーは大きく変わらず、慣れ親しんだ選手同士なのに進歩が見られなかった試合だったと言うしかない。

 サッカーは偶発的なスポーツではない。攻撃にしても、その国ならではのスタイルがあり、そのチームならではの形というものがある。そして厳しいトレーニングを通して攻撃パターンの精度、決定力を上げていく。

 たとえばサイドからクロスをこう上げれば、ゴール前の選手が得意のプレーで確実に決めるといった決め事が浸透していき、それが試合でも発揮されるようになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る