釜本邦茂氏が不満 「パレスチナ戦で日本が得たものはゼロ」

公開日:  更新日:

 あのパレスチナを相手に4-0か……。何て言えばいいんだろうね。

 テレビが「初戦は難しい。秘密兵器もいる」と危機感をあおり過ぎ、あたかも難敵に快勝したように思ったサッカーファンもいたかも知れない。

 トンデモナイ話だ。ブラジルW杯とメンバーは大きく変わらず、慣れ親しんだ選手同士なのに進歩が見られなかった試合だったと言うしかない。

 サッカーは偶発的なスポーツではない。攻撃にしても、その国ならではのスタイルがあり、そのチームならではの形というものがある。そして厳しいトレーニングを通して攻撃パターンの精度、決定力を上げていく。

 たとえばサイドからクロスをこう上げれば、ゴール前の選手が得意のプレーで確実に決めるといった決め事が浸透していき、それが試合でも発揮されるようになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る