釜本邦茂氏が不満 「パレスチナ戦で日本が得たものはゼロ」

公開日:  更新日:

 あのパレスチナを相手に4-0か……。何て言えばいいんだろうね。

 テレビが「初戦は難しい。秘密兵器もいる」と危機感をあおり過ぎ、あたかも難敵に快勝したように思ったサッカーファンもいたかも知れない。

 トンデモナイ話だ。ブラジルW杯とメンバーは大きく変わらず、慣れ親しんだ選手同士なのに進歩が見られなかった試合だったと言うしかない。

 サッカーは偶発的なスポーツではない。攻撃にしても、その国ならではのスタイルがあり、そのチームならではの形というものがある。そして厳しいトレーニングを通して攻撃パターンの精度、決定力を上げていく。

 たとえばサイドからクロスをこう上げれば、ゴール前の選手が得意のプレーで確実に決めるといった決め事が浸透していき、それが試合でも発揮されるようになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る