• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

協会“紛糾”必至 アギーレ八百長疑惑の問題はむしろ「解任後」

 アギーレ監督(56)の八百長問題が“疑惑”で済まなくなってきた。

 スペイン1部サラゴサ監督時代に八百長に関与したとして、スペインの検察当局から告発されていたが、14日にスペイン国内の複数のメディアが「バレンシアの裁判所が告発を受理した」と一斉に報じたからである。

 これを受けて日本サッカー協会(JFA)の大仁邦弥会長(70)が、15日午後から記者会見を行って「アジア杯の期間中は、あくまで代表の戦いを最優先したい。終わった時点で受理されたことについて協会の考え、対応について説明させていただく」とコメント。

 渦中のアギーレ監督はというと、同時刻にアジア杯2戦目イラク戦(日本時間16日午後6時開始)の開催地オーストラリア・ブリスベンで試合前日の公式会見に応じていた。

 日本の通信社、外国人記者が告発受理についてただしたが、アギーレ監督は「サッカーの話しかしない」というセリフで質問をはねつけ、受理についてノーコメントの姿勢を貫いた。現地で取材中のサッカージャーナリスト・六川亨氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る