イラクに辛勝も…欧州プレー組の“致命的”決定力不足また露呈

公開日: 更新日:

 アジア杯2戦目のイラク戦(16日)をモノにしたアギーレ日本代表。2連勝で勝ち点を6に伸ばして1次リーグD組首位に立ち、3戦目のヨルダン戦(20日)に引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。

 イラク戦は、大黒柱のMF本田圭佑(28)が前半23分にPKを決め、トラの子の1点を守り切った格好だが、試合を通して目に付いたのは、日本代表の習い性である「決定力不足」だ。不世出の天才ストライカー・釜本邦茂氏(メキシコ五輪得点王)が、苦笑いを浮かべながらこう言った。

「欧州でプレーする主軸組が、そろって外してしまった。絶好機にシュートがポスト、バーを計3度叩いた本田。右足ダイレクトシュートをGKに当てたMF香川(真司=25)、得意のヘディングシュートをミスしたFW岡崎(慎司=28)。いずれも決めるべき人が、決めておきたい時間帯でフリーになりながらミスした。猛省して次戦以降につなげてほしいものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る