日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イラクに辛勝も…欧州プレー組の“致命的”決定力不足また露呈

 アジア杯2戦目のイラク戦(16日)をモノにしたアギーレ日本代表。2連勝で勝ち点を6に伸ばして1次リーグD組首位に立ち、3戦目のヨルダン戦(20日)に引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。

 イラク戦は、大黒柱のMF本田圭佑(28)が前半23分にPKを決め、トラの子の1点を守り切った格好だが、試合を通して目に付いたのは、日本代表の習い性である「決定力不足」だ。不世出の天才ストライカー・釜本邦茂氏(メキシコ五輪得点王)が、苦笑いを浮かべながらこう言った。

「欧州でプレーする主軸組が、そろって外してしまった。絶好機にシュートがポスト、バーを計3度叩いた本田。右足ダイレクトシュートをGKに当てたMF香川(真司=25)、得意のヘディングシュートをミスしたFW岡崎(慎司=28)。いずれも決めるべき人が、決めておきたい時間帯でフリーになりながらミスした。猛省して次戦以降につなげてほしいものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事