アジア杯QF 日本がマークすべしはUAE“アフロヘア”司令塔

公開日:  更新日:

 アジア杯D組の「注目の一戦」日本対ヨルダンは、FW本田圭祐(28=ACミラン)の3試合連続、MF香川真司(25=ドルトムント)の9試合ぶりのゴールで、2―0で快勝。1次リーグを3連勝の勝ち点9、D組首位で決勝トーナメント進出を決めた。

 なぜ「注目の一戦」だったのか? 

「日本はD組1位通過。C組2位がUAEというのはラッキーでした。イランは堅守速攻が持ち味。フィジカル能力の高い選手も多く、セットプレーからの攻撃に凄みがあります。日本代表は苦手とするタイプのチームですからね」と現地取材中のサッカージャーナリスト・六川亨氏が続ける。

「UAEは、背番号10の左利き技巧派MFオマールが攻撃の核。欧州トップリーグからも熱視線を送られている彼が、トップ下から両サイドと自在にポジションを変え、絶妙ラストパスを繰り出していく。しかしイラン戦でもそうでしたが、攻撃系のFWマブフート、ハリル、MFファルダンに高い決定力があるわけではない。MF長谷部がオマールをキッチリとマークし、オマールが左に流れたらMF香川とFW乾が、右に流れたらMF遠藤とFW本田が挟み込むようにしてプレッシャーをかけ、攻撃系選手へのパスを分断すれば、日本の勝機は高まるでしょう」

 何が何でも、ヨルダンには負けられなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る