アジア杯QF 日本がマークすべしはUAE“アフロヘア”司令塔

公開日:  更新日:

 アジア杯D組の「注目の一戦」日本対ヨルダンは、FW本田圭祐(28=ACミラン)の3試合連続、MF香川真司(25=ドルトムント)の9試合ぶりのゴールで、2―0で快勝。1次リーグを3連勝の勝ち点9、D組首位で決勝トーナメント進出を決めた。

 なぜ「注目の一戦」だったのか? 

「日本はD組1位通過。C組2位がUAEというのはラッキーでした。イランは堅守速攻が持ち味。フィジカル能力の高い選手も多く、セットプレーからの攻撃に凄みがあります。日本代表は苦手とするタイプのチームですからね」と現地取材中のサッカージャーナリスト・六川亨氏が続ける。

「UAEは、背番号10の左利き技巧派MFオマールが攻撃の核。欧州トップリーグからも熱視線を送られている彼が、トップ下から両サイドと自在にポジションを変え、絶妙ラストパスを繰り出していく。しかしイラン戦でもそうでしたが、攻撃系のFWマブフート、ハリル、MFファルダンに高い決定力があるわけではない。MF長谷部がオマールをキッチリとマークし、オマールが左に流れたらMF香川とFW乾が、右に流れたらMF遠藤とFW本田が挟み込むようにしてプレッシャーをかけ、攻撃系選手へのパスを分断すれば、日本の勝機は高まるでしょう」

 何が何でも、ヨルダンには負けられなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る