• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム斎藤佑「2ケタ勝利」宣言も 一軍定着までには“茨の道”

「チームが優勝するために、与えられた役割をしっかりやりたい。(目標は)先発で2ケタ勝つことです」

 日本ハム5年目の斎藤佑樹(26)が3日、テレビのインタビューに答えてこう言った。

 キャンプ初日にブルペンで66球。「今年は勝負に来たなという感じ。大きなインパクトを与えてくれた」と栗山監督が絶賛するなど、キャンプでの評判はうなぎ上り。栗山監督は自主トレ中、抑えでの起用も示唆していたが、「首脳陣は故障前と比べて、ヒジの使い方も良くなったとみています。ただ去年も、この時期のブルペンは良かったですからね。実戦に入って4~5試合、結果を出し続けないとローテはもちろん、リリーフの枠に入るのも難しいんじゃないか」とは、あるOBだ。

 日本ハムの先発は大谷(20)、浦野(25)、上沢(20)、メンドーサ(31)、吉川(26)の5人がほぼ確定。中村勝(23)、木佐貫(34)、新外国人左腕のガラテ(30)が候補に控えている。リリーフにしても増井(30)、宮西(29)、クロッタ(30)が抑え候補。勝ちパターンの中継ぎ要員には白村(23)と鍵谷(24)がいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る