日ハム斎藤佑「2ケタ勝利」宣言も 一軍定着までには“茨の道”

公開日:  更新日:

「チームが優勝するために、与えられた役割をしっかりやりたい。(目標は)先発で2ケタ勝つことです」

 日本ハム5年目の斎藤佑樹(26)が3日、テレビのインタビューに答えてこう言った。

 キャンプ初日にブルペンで66球。「今年は勝負に来たなという感じ。大きなインパクトを与えてくれた」と栗山監督が絶賛するなど、キャンプでの評判はうなぎ上り。栗山監督は自主トレ中、抑えでの起用も示唆していたが、「首脳陣は故障前と比べて、ヒジの使い方も良くなったとみています。ただ去年も、この時期のブルペンは良かったですからね。実戦に入って4~5試合、結果を出し続けないとローテはもちろん、リリーフの枠に入るのも難しいんじゃないか」とは、あるOBだ。

 日本ハムの先発は大谷(20)、浦野(25)、上沢(20)、メンドーサ(31)、吉川(26)の5人がほぼ確定。中村勝(23)、木佐貫(34)、新外国人左腕のガラテ(30)が候補に控えている。リリーフにしても増井(30)、宮西(29)、クロッタ(30)が抑え候補。勝ちパターンの中継ぎ要員には白村(23)と鍵谷(24)がいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る