日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム斎藤佑「2ケタ勝利」宣言も 一軍定着までには“茨の道”

「チームが優勝するために、与えられた役割をしっかりやりたい。(目標は)先発で2ケタ勝つことです」

 日本ハム5年目の斎藤佑樹(26)が3日、テレビのインタビューに答えてこう言った。

 キャンプ初日にブルペンで66球。「今年は勝負に来たなという感じ。大きなインパクトを与えてくれた」と栗山監督が絶賛するなど、キャンプでの評判はうなぎ上り。栗山監督は自主トレ中、抑えでの起用も示唆していたが、「首脳陣は故障前と比べて、ヒジの使い方も良くなったとみています。ただ去年も、この時期のブルペンは良かったですからね。実戦に入って4~5試合、結果を出し続けないとローテはもちろん、リリーフの枠に入るのも難しいんじゃないか」とは、あるOBだ。

 日本ハムの先発は大谷(20)、浦野(25)、上沢(20)、メンドーサ(31)、吉川(26)の5人がほぼ確定。中村勝(23)、木佐貫(34)、新外国人左腕のガラテ(30)が候補に控えている。リリーフにしても増井(30)、宮西(29)、クロッタ(30)が抑え候補。勝ちパターンの中継ぎ要員には白村(23)と鍵谷(24)がいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事