ハム斎藤人気衰えず 「たった2勝」でもトレード申し込み殺到

公開日:  更新日:

「スタート地点に立ったばかり。2勝しかできなかったけど、去年は0勝ですから。方向性は示せていると思う」

 6試合に登板して2勝1敗に終わった日本ハムの斎藤佑樹(26)が、300万円減の年俸2500万円で契約更改。本人が2年ぶりの白星に「方向性は示せた」と言ったところで、来年はもっと勝つと真剣に思っているファンが果たしてどれくらいいるか。

 わずか300万円減で済んだのはズバリ、査定に「人気料」が含まれているからだという。日ハムでは査定にマスコミへの露出度も加味される。スポーツ紙やテレビに取り上げられる頻度や大きさが、給料に跳ね返ってくるそうだ。

 腐っても「ハンカチ王子」。成績はパッとしなくても、いまだ人気は衰えていないらしい。「トレードで斎藤が欲しいという打診が絶えないと聞いています」と、ある日ハムOBがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る