ハム斎藤人気衰えず 「たった2勝」でもトレード申し込み殺到

公開日: 更新日:

「スタート地点に立ったばかり。2勝しかできなかったけど、去年は0勝ですから。方向性は示せていると思う」

 6試合に登板して2勝1敗に終わった日本ハムの斎藤佑樹(26)が、300万円減の年俸2500万円で契約更改。本人が2年ぶりの白星に「方向性は示せた」と言ったところで、来年はもっと勝つと真剣に思っているファンが果たしてどれくらいいるか。

 わずか300万円減で済んだのはズバリ、査定に「人気料」が含まれているからだという。日ハムでは査定にマスコミへの露出度も加味される。スポーツ紙やテレビに取り上げられる頻度や大きさが、給料に跳ね返ってくるそうだ。

 腐っても「ハンカチ王子」。成績はパッとしなくても、いまだ人気は衰えていないらしい。「トレードで斎藤が欲しいという打診が絶えないと聞いています」と、ある日ハムOBがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る