ハム斎藤人気衰えず 「たった2勝」でもトレード申し込み殺到

公開日:  更新日:

「スタート地点に立ったばかり。2勝しかできなかったけど、去年は0勝ですから。方向性は示せていると思う」

 6試合に登板して2勝1敗に終わった日本ハムの斎藤佑樹(26)が、300万円減の年俸2500万円で契約更改。本人が2年ぶりの白星に「方向性は示せた」と言ったところで、来年はもっと勝つと真剣に思っているファンが果たしてどれくらいいるか。

 わずか300万円減で済んだのはズバリ、査定に「人気料」が含まれているからだという。日ハムでは査定にマスコミへの露出度も加味される。スポーツ紙やテレビに取り上げられる頻度や大きさが、給料に跳ね返ってくるそうだ。

 腐っても「ハンカチ王子」。成績はパッとしなくても、いまだ人気は衰えていないらしい。「トレードで斎藤が欲しいという打診が絶えないと聞いています」と、ある日ハムOBがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「国民だましたらあかん」籠池夫妻が安倍首相の演説に本音

  10. 10

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

もっと見る