今季14勝予想のダル 気になる「緻密な新指揮官」との相性

公開日: 更新日:

 MLB公式サイトが2日(日本時間3日)発表した選手のランキングでは日本人メジャーリーガートップの35位。同サイトは今季のダルを15勝9敗、防御率2.99、242奪三振で、2年ぶりの奪三振王になると予想した。

 昨季は10勝7敗。勝ち星こそ3年連続2ケタに乗せたものの、登板はわずか22試合。右肘に違和感を訴えて8月13日に故障者リスト(DL)入り。その後、治療に専念した。チームが早々とプレーオフ争いから脱落したこともあり、ダニエルズGMの配慮で今季に備えた。

 しかし、「肘の炎症はシーズン終盤に回復。投げようと思えば投げられたのに、ムリをしなかったのがダルらしいところじゃないですか」と、日本人特派員のひとりがこう言った。

「とりあえず2ケタ勝ったし、チームのプレーオフは絶望的。だったらさっさと翌シーズンに備えた方が得策というのがダルの思考です。すでにサイ・ヤング賞投票で1度2位に入っていて、今後の成績いかんで、早ければ来オフ、FAを取得しますからね。移籍するかどうかは別にして、平均約10億円の年俸を最低でも倍にしたいと考えているともいいます。そのためにも長期離脱は避けたいし、抜けるところは抜いておこうということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る