リハビリ順調も…4年目迎えるダルにささやかれる「限界説」

公開日: 更新日:

 右肘故障からの復活を目指すレンジャーズ・ダルビッシュ有(28)のリハビリが順調だ。
 すでに本拠地アーリントンで自主トレを再開。23日にはファン感謝イベントに出席し「(痛めた)右肘に不安はなく、全てが順調。いつもと同じようにキャッチボールができている」と万全であるとアピールした。
 今後は2月2日にもブルペンでの投球練習を再開。同21日から始まるバッテリー組のキャンプに備える。

 ジェフ・バニスター監督は順調な回復ぶりを認めながらも開幕投手に指名するのは「時期尚早」としたが、過去の実績からダルが大役を務める可能性はある。

■松坂以来「日本人は3、4年目まで」

 昨季、ア・リーグ西地区最下位に終わったレンジャーズの浮沈はダルのデキにもかかっているが、先行きは極めて不透明だ。実はメジャーでは「日本人投手の3年限界説」が定説となっているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る