今季14勝予想のダル 気になる「緻密な新指揮官」との相性

公開日: 更新日:

■投手のコンディションには細心の注意

 休養タップリ、万全の状態で開幕に臨むダルにとって、今季からチームを率いるジェフ・バニスター新監督の存在もプラスだ。

 バニスター監督は長らくパイレーツのマイナー組織を指導。メジャーで指揮を執るのは初めてながら、投手のコンディションに細心の注意を払うことにかけては定評がある。中でも球数には目を光らせる。マイナー監督時代は、先発投手をきっちりと100球で交代させたことがしばしばあった。

 100球を超えても続投が珍しくなかった前監督とは対照的。バニスター監督はダルにシーズンを通じた働きを求めている。守護神フェリス、セットアッパーのメンデスら勝ちパターンの救援陣が安定していることもあって、ダルを無理に引っ張るつもりはないという。肩、肘の消耗を避けたいダルにとっては願ったりかなったりの指揮官といえる。

 昨季は「弟分」の田中将大(ヤンキース、26=13勝5敗)に成績も話題も後れを取った。その田中が右肘靱帯部分断裂で不安視されているのに対し、自身は万全の状態で開幕を迎える。今季は田中に格の違いを見せつけるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る