• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNA高橋尚成が語る 昨季の不調と日本復帰2年目の決意

 元気そうな顔を見て安心しました。DeNAの高橋尚成投手(39)は09年オフに巨人を退団し、メジャーに移籍。5年ぶりの日本球界復帰となった昨季はしかし、10試合に登板して0勝6敗、防御率5.29と不本意な成績に終わりました。まずは、その原因を聞くと……。

「(シーズンへの)入り方がいけませんでした。5年前のイメージのまま自分の投球、(日本の)打者はこんな感じだったよな、こんな感じでいいよなって。要するに、準備もイメージも心構えも非常にアバウトな状態で入ってしまった。甘かったですね」

 本人が言うように、それで結果を残せるほど、日本の打者は甘くはありませんでした。

「いや、メジャーの打者のパワーはそれはすごいですよ。でも、日本の打者の技術はまったくヒケをとらない。ミートする能力は、間違いなく世界ナンバーワンだと思う。それは分かってはいたし、決してナメていたわけではないんですが、例えば(外角低めの)いいコースに決まったボールで空振りが取れない。ファウルにされたり、はじき返されたりする。えっ!? ウソ!? ということが結構あって、混乱したというか、戸惑ったところはありました。日本のレベルがさらに上がっているのかもしれないし、自分の力が衰えたからなのかもしれない。この辺に投げとけば、こうやって投げとけばというアバウトな感じじゃ結果は出ません。驚かされたバッターですか? 一番はソフトバンクの柳田クン。なんですか、彼? めちゃくちゃスゴイですよ。あれだけのフルスイングができて、しかも、確実性がある。ビックリしましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る