DeNA高橋尚成が語る 昨季の不調と日本復帰2年目の決意

公開日:  更新日:

 元気そうな顔を見て安心しました。DeNAの高橋尚成投手(39)は09年オフに巨人を退団し、メジャーに移籍。5年ぶりの日本球界復帰となった昨季はしかし、10試合に登板して0勝6敗、防御率5.29と不本意な成績に終わりました。まずは、その原因を聞くと……。

「(シーズンへの)入り方がいけませんでした。5年前のイメージのまま自分の投球、(日本の)打者はこんな感じだったよな、こんな感じでいいよなって。要するに、準備もイメージも心構えも非常にアバウトな状態で入ってしまった。甘かったですね」

 本人が言うように、それで結果を残せるほど、日本の打者は甘くはありませんでした。

「いや、メジャーの打者のパワーはそれはすごいですよ。でも、日本の打者の技術はまったくヒケをとらない。ミートする能力は、間違いなく世界ナンバーワンだと思う。それは分かってはいたし、決してナメていたわけではないんですが、例えば(外角低めの)いいコースに決まったボールで空振りが取れない。ファウルにされたり、はじき返されたりする。えっ!? ウソ!? ということが結構あって、混乱したというか、戸惑ったところはありました。日本のレベルがさらに上がっているのかもしれないし、自分の力が衰えたからなのかもしれない。この辺に投げとけば、こうやって投げとけばというアバウトな感じじゃ結果は出ません。驚かされたバッターですか? 一番はソフトバンクの柳田クン。なんですか、彼? めちゃくちゃスゴイですよ。あれだけのフルスイングができて、しかも、確実性がある。ビックリしましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る