• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セV4の鍵握る巨人沢村 「救援転向」で“がむしゃら”キャンプ

 巨人は9日、第2クールを終えた。新主将の坂本、捕手から一塁へコンバートされた阿部。新しい立場の主力2人に注目が集まる中、リーグ4連覇の鍵を握るのはもう一つの配置転換だろう。先発からリリーフに転向する沢村拓一(26)だ。

 ここ2年、5勝10敗、5勝3敗と先発として結果が出ず。一見、先発失格の烙印を押されたかのように見えるが、どっこい本人はヤル気をみなぎらせている。先発に強いこだわりを見せていた昨年までとは打って変わって、このキャンプでは2日連続のブルペン入りを1クールごとに行うなど意欲満々。本人を直撃しても……。

――ちょっといいですか?

「なんすか!」

――合同自主トレから2日連続ブルペン入りが3度。これまでより気合が入っているように見えます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  4. 4

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  9. 9

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る