「ダメなら厳しく書いて」 ソフトB松坂大輔が語った“覚悟”

公開日: 更新日:

 日本球界へは9年ぶりの復帰となるソフトバンク松坂大輔(34)。マイペース調整とはいえ、8日の投球練習はまだ5割から6割程度。変化球はたびたびワンバウンドした。5日のブルペンでは佐藤投手コーチからまるで新人のようにヒジの上げ方や体が開く悪癖を修正されて話題になった。マイペース調整の現状をどうとらえているのか、松坂本人に聞いた。

――日本のキャンプはどうですか?

「今のところは思い通りにやらせてもらっています。最初は久しぶりの日本のキャンプというのもあって、戸惑うこともありましたけど、今は普通にできています。調整も順調ですよ」

――「順調」と言いますけど、まだフォーム固めに専念しています。これで本当に順調なのでしょうか?

「キャンプが始まる前から、フォームのこと(修正)はずっと考えていたので。それだけは今のうちにやっていこうと思っているんです。だからそう(遅れているように)見えるんじゃないですかね(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  9. 9

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  10. 10

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

もっと見る