• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ダメなら厳しく書いて」 ソフトB松坂大輔が語った“覚悟”

 日本球界へは9年ぶりの復帰となるソフトバンクの松坂大輔(34)。マイペース調整とはいえ、8日の投球練習はまだ5割から6割程度。変化球はたびたびワンバウンドした。5日のブルペンでは佐藤投手コーチからまるで新人のようにヒジの上げ方や体が開く悪癖を修正されて話題になった。マイペース調整の現状をどうとらえているのか、松坂本人に聞いた。

――日本のキャンプはどうですか?

「今のところは思い通りにやらせてもらっています。最初は久しぶりの日本のキャンプというのもあって、戸惑うこともありましたけど、今は普通にできています。調整も順調ですよ」

――「順調」と言いますけど、まだフォーム固めに専念しています。これで本当に順調なのでしょうか?

「キャンプが始まる前から、フォームのこと(修正)はずっと考えていたので。それだけは今のうちにやっていこうと思っているんです。だからそう(遅れているように)見えるんじゃないですかね(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る