年俸10分の1で広島復帰 新井が語る“ゼロスタート”の覚悟

公開日: 更新日:

 8年ぶりに古巣広島へ戻った新井貴浩(38)。昨季は94試合、打率.244、3本塁打、31打点と不本意な成績に終わり、オフには阪神から1億円以上の減額を提示されて自由契約の道を選んだ。広島での年俸は2000万円。阪神の提示した7000万円をはるかに下回り、昨季の2億円から10分の1の金額。それでも古巣復帰を選んだ“崖っぷち男”に聞いた。

――阪神より年俸が半分以下の古巣に復帰を決めた要因は?

「もう一度、競争がしたい。レギュラーを目指して勝負したい、それだけです。自由契約になって最初にカープから連絡をいただきました。(07年オフに)一度、FAで(広島を)出ているので正直、驚きました。本当にうれしかったです。お金の問題ではありませんでした。拾っていただいた身ですから、どういう形でもいいので、カープに貢献したい。もう、その気持ちしかありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  8. 8

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る