「一切口出さない」が…楽天星野前監督が視察で不満タラタラ

公開日:  更新日:

「相変わらずだな」

 口からは思わず苦言がこぼれた。

 17日の阪神との練習試合を視察した楽天の星野前監督(68=現シニアアドバイザー)。その前に足を運んだブルペンでの投球練習を見た感想を聞かれ、「投手を見ていると相変わらずだなと思うね。もう少し成長して欲しいな。楽天よりタイガースの方が(優勝の)チャンスはあるな」とチクリとやったのだ。

 積極果敢な機動力野球を打ち出す大久保新監督(48)の方針に、「監督なんだから自由に自分の野球をやればいい」と理解を示しつつ、試合で2度の盗塁失敗を目の当たりにすると、「みんな走ってみんなアウトになっちゃう」とここでもチクリ。五回終了と同時に早々に球場を引き揚げた。

 星野前監督は、キャンプ前に都内で開かれた大久保監督の就任を祝うパーティーに出席した際、「私は一切(現場に)口出しはいたしません」と挨拶。新監督の支援者から大きな拍手を浴びていた。それが、のっけから「タイガースの方がチャンスはある」ときては、話が違うじゃないか、である。本人にそのつもりはなくとも、報道陣の求めに応じて口を開けば、それが首脳陣や選手のプレッシャーになる。

 パーティーでは「デーブがやりやすいように、昨年はわざと最下位になったんです」とも言っていた星野前監督。そう、チームに不満があるならそれは、弱体化させた自分の責任でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る