「一切口出さない」が…楽天星野前監督が視察で不満タラタラ

公開日: 更新日:

「相変わらずだな」

 口からは思わず苦言がこぼれた。

 17日の阪神との練習試合を視察した楽天の星野前監督(68=現シニアアドバイザー)。その前に足を運んだブルペンでの投球練習を見た感想を聞かれ、「投手を見ていると相変わらずだなと思うね。もう少し成長して欲しいな。楽天よりタイガースの方が(優勝の)チャンスはあるな」とチクリとやったのだ。

 積極果敢な機動力野球を打ち出す大久保新監督(48)の方針に、「監督なんだから自由に自分の野球をやればいい」と理解を示しつつ、試合で2度の盗塁失敗を目の当たりにすると、「みんな走ってみんなアウトになっちゃう」とここでもチクリ。五回終了と同時に早々に球場を引き揚げた。

 星野前監督は、キャンプ前に都内で開かれた大久保監督の就任を祝うパーティーに出席した際、「私は一切(現場に)口出しはいたしません」と挨拶。新監督の支援者から大きな拍手を浴びていた。それが、のっけから「タイガースの方がチャンスはある」ときては、話が違うじゃないか、である。本人にそのつもりはなくとも、報道陣の求めに応じて口を開けば、それが首脳陣や選手のプレッシャーになる。

 パーティーでは「デーブがやりやすいように、昨年はわざと最下位になったんです」とも言っていた星野前監督。そう、チームに不満があるならそれは、弱体化させた自分の責任でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る