• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勉強熱心との評価も 楽天デーブ新監督が持つ「もう一つの顔」

 風評なんてアテにならないものだ。

 14日に正式就任が決まった楽天の大久保博元監督(47)。しかし、これにネット上でファンが反発。主に西武コーチ時代に菊池雄星(23)に手を上げた事件を引き合いに、「暴力指導者」と非難しているのだ。

 一方、球界では「アイツほど勉強しているコーチはいない」と評価が高い。12年の春季キャンプ当時、「秋季キャンプと比べてバットが振れている」という周囲の声に、こう答えていた。

「(秋季キャンプでは)みんな合わせにいっていた。ポイントにスイングを合わせるんじゃなく、しっかり振ってスイングの中にポイントがあるという意識が出てきた。やっぱり、間だよ。投手でも打者でも、間が取れないとダメ。運動力学ではエネルギーをためるというけど、それをためるには間が必要なんだよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る