勉強熱心との評価も 楽天デーブ新監督が持つ「もう一つの顔」

公開日: 更新日:

 風評なんてアテにならないものだ。

 14日に正式就任が決まった楽天の大久保博元監督(47)。しかし、これにネット上でファンが反発。主に西武コーチ時代に菊池雄星(23)に手を上げた事件を引き合いに、「暴力指導者」と非難しているのだ。

 一方、球界では「アイツほど勉強しているコーチはいない」と評価が高い。12年の春季キャンプ当時、「秋季キャンプと比べてバットが振れている」という周囲の声に、こう答えていた。

「(秋季キャンプでは)みんな合わせにいっていた。ポイントにスイングを合わせるんじゃなく、しっかり振ってスイングの中にポイントがあるという意識が出てきた。やっぱり、間だよ。投手でも打者でも、間が取れないとダメ。運動力学ではエネルギーをためるというけど、それをためるには間が必要なんだよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る