「松井裕はリリーフで…」 楽天・大久保監督“爆弾発言”の真意

公開日: 更新日:

「ウソでしょ!?」

 指揮官の言葉を報道陣から伝え聞いた松井裕樹(19)が、目を丸くした。

 12日に行われた紅白戦で、2年目の松井が紅組の6番手として登板。2回を1安打無失点に抑えた。

 これで楽天のキャンプは終了。二軍はそのまま久米島で練習、一軍は沖縄本島に移動して実戦中心のスケジュールになる。当然、松井は一軍帯同。実戦に向けて腕が鳴る――はずだったが、大久保監督の「松井は後ろで使う」という爆弾発言だ。これまで先発として調整していただけに、寝耳に水だろう。

 松井は「(起用法は)自分が決めることじゃない。チームの力になれるように頑張りたい」と、かろうじて言葉を絞り出すのが精いっぱい。そんな左腕の心境を知ってか知らずか、大久保監督は紅白戦での6番手登板を「意思表示と受け取ってもらっていい。中6日ではもったいない投手だから」とキッパリだ。松井にしてみれば、「じゃあこれまでのキャンプは何? 勘弁してよ」と言いたいところだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  4. 4

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  5. 5

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  6. 6

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  7. 7

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  8. 8

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る