「オレはどうする?」 ポジション争い激化で中日ルナが逆取材

公開日: 更新日:

「場合によってはスタメン落ちもあるかもしれない」

 中日OBがこう言うのは、2年契約の最終年を迎える主砲のルナ(35)のことだ。

 在籍2年間で通算.330を誇り、昨季は三塁でベストナインを受賞した助っ人。しかし今季は、レギュラーを確約されていないというのである。

「ルナは打撃には期待できても、2年連続で故障離脱するなどケガがちで、三塁守備でも昨季はリーグ最多の14失策と安定感を欠いた。しかも今季は、チームとして若手注目株である4年目の高橋周平(21)を三塁に固定して、使いながら育てたい意向がある。オープン戦で高橋がよほど打てない、守れないとなれば話は別だが、そうなるとルナはポジションを奪われる。三塁以外には一塁も守れるものの、そこには昨季にゴールデングラブ賞を獲得した主軸の森野がいるからね。ルナは今季、代打要員としてベンチを温める試合が増える可能性もあると思う」(前出のOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る