「オレはどうする?」 ポジション争い激化で中日ルナが逆取材

公開日: 更新日:

「場合によってはスタメン落ちもあるかもしれない」

 中日OBがこう言うのは、2年契約の最終年を迎える主砲のルナ(35)のことだ。

 在籍2年間で通算.330を誇り、昨季は三塁でベストナインを受賞した助っ人。しかし今季は、レギュラーを確約されていないというのである。

「ルナは打撃には期待できても、2年連続で故障離脱するなどケガがちで、三塁守備でも昨季はリーグ最多の14失策と安定感を欠いた。しかも今季は、チームとして若手注目株である4年目の高橋周平(21)を三塁に固定して、使いながら育てたい意向がある。オープン戦で高橋がよほど打てない、守れないとなれば話は別だが、そうなるとルナはポジションを奪われる。三塁以外には一塁も守れるものの、そこには昨季にゴールデングラブ賞を獲得した主軸の森野がいるからね。ルナは今季、代打要員としてベンチを温める試合が増える可能性もあると思う」(前出のOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  7. 7

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る