日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中日・森野が若手に苦言 「ライバルなのにグラウンドで仲良し」

「一言でいうと、『現代っ子』だなって感じますね」

 中日の主軸としてレギュラーを張ってきた森野将彦(36)は、最近の若手にこんな印象を持っているという。

「自分のチームのことでいえば、特にレギュラーを狙っている若手や中堅の選手たちって、みんながライバルであるはずなんだけど、見ていて“グラウンドでも仲が良いな”と思いますね。いつもみんなで、野球をやっているというか。お互いがどんな練習をやっているんだろうって周りを見ちゃって、それに流される傾向があるのかなと。『レギュラーを狙います』とは言うけれど、ただ取りたいというだけで、どこかアバウトな感じもする。どうやったら自分がレギュラーを取れるのか、どこをアピールすればいいのかというのが大事であって、(自分は)周りを気にしてやっても意味がないと思ってやってきましたから。大事なのはあくまで自分。個々で意図、テーマを持って練習に取り組むことだと思う。居残りでマシンを打つにしても、何の目的でやるのか。単純に数をこなすだけではなかなか上達はしないと思うんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事