山崎裕之
著者のコラム一覧
山崎裕之野球評論家

1946年12月22日、埼玉県生まれ。上尾高校時代には投手兼遊撃手として、1963年選抜高校野球に出場して注目を集め、東京オリオンズ(現ロッテ)に入団。3年目にレギュラーとなる。69年には打率.301を打ち、翌年は1チーム20ホームラン以上が5人という史上初の驚異打線の一員として大活躍。1979年に西武ライオンズ移籍後も、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得するなど、攻走守すべてにおいて活躍をみせた。引退後は野球解説者、野球評論家として活動している。

山崎裕之氏 「大引、成瀬加入でヤクルト選手の目が変わった」

公開日: 更新日:

【2015 キャンプ探訪】

 真中監督に最初に聞いたのは、新戦力についてだ。補強にはそれほど積極的ではない球団が、昨オフは大引に3年総額3億円、成瀬には3年総額6億円(ともに推定)の条件を提示して獲得した。

「フロントが必死に動いてくれました。ありがたいことです。大型補強したことによるプレッシャーですか? 何しろ最下位からですからね」

 こう言って笑った真中監督は、自ら交渉の席に出向き、大引と成瀬を口説いた。

「2人には、期待はしているけどFAで入ったという責任感みたいなものは持たなくていい。自分の力を出してくれと言いました」

 野手の練習に目を転じると、昨シーズン、日本人右打者の最多安打(193)を記録した山田哲人がノックを受けている。バットでは期待以上の働きを見せたものの、二塁守備ではリーグワースト2位の13失策で投手陣の足を引っ張った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る