• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
山崎裕之
著者のコラム一覧
山崎裕之野球評論家

1946年12月22日、埼玉県生まれ。上尾高校時代には投手兼遊撃手として、1963年選抜高校野球に出場して注目を集め、東京オリオンズ(現ロッテ)に入団。3年目にレギュラーとなる。69年には打率.301を打ち、翌年は1チーム20ホームラン以上が5人という史上初の驚異打線の一員として大活躍。1979年に西武ライオンズ移籍後も、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得するなど、攻走守すべてにおいて活躍をみせた。引退後は野球解説者、野球評論家として活動している。

山崎裕之氏 「大引、成瀬加入でヤクルト選手の目が変わった」

【2015 キャンプ探訪】

 真中監督に最初に聞いたのは、新戦力についてだ。補強にはそれほど積極的ではない球団が、昨オフは大引に3年総額3億円、成瀬には3年総額6億円(ともに推定)の条件を提示して獲得した。

「フロントが必死に動いてくれました。ありがたいことです。大型補強したことによるプレッシャーですか? 何しろ最下位からですからね」

 こう言って笑った真中監督は、自ら交渉の席に出向き、大引と成瀬を口説いた。

「2人には、期待はしているけどFAで入ったという責任感みたいなものは持たなくていい。自分の力を出してくれと言いました」

 野手の練習に目を転じると、昨シーズン、日本人右打者の最多安打(193)を記録した山田哲人がノックを受けている。バットでは期待以上の働きを見せたものの、二塁守備ではリーグワースト2位の13失策で投手陣の足を引っ張った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る