山崎裕之
著者のコラム一覧
山崎裕之野球評論家

1946年12月22日、埼玉県生まれ。上尾高校時代には投手兼遊撃手として、1963年選抜高校野球に出場して注目を集め、東京オリオンズ(現ロッテ)に入団。3年目にレギュラーとなる。69年には打率.301を打ち、翌年は1チーム20ホームラン以上が5人という史上初の驚異打線の一員として大活躍。1979年に西武ライオンズ移籍後も、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得するなど、攻走守すべてにおいて活躍をみせた。引退後は野球解説者、野球評論家として活動している。

「4番筒香ダメなら辞める」 DeNA中畑監督が崖っぷち発言

公開日: 更新日:

【2015 キャンプ探訪】

「ヤマさん、疲れたよ……」

 自慢の喉を披露したり、キャンプに松井秀喜を呼んだりと相変わらず話題づくりがうまい中畑監督。「毎日、大変だね」と言う私に、小声でポロッと漏らした。

 12年末に最愛の夫人を亡くしたショックは計り知れない。昨季もチームを鼓舞し続け、結果は5位に終わったものの、巨人に唯一勝ち越した(13勝11敗)。

 ファンに期待を抱かせる今季の打線について聞いてみると、きっぱりとこう言った。

「4番は(6年目の)筒香でいきます。彼と心中する。結果が出なければ辞めます」

 1年目のキャンプで見た筒香の力強いスイングは衝撃的だった。その後は故障などで伸び悩み、昨年22本塁打、77打点とようやく開花。就任4年目の監督が「ダメなら辞める」とまで宣言して真の4番に育てるというのだから、使われる側も覚悟して臨むはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る