山崎裕之
著者のコラム一覧
山崎裕之野球評論家

1946年12月22日、埼玉県生まれ。上尾高校時代には投手兼遊撃手として、1963年選抜高校野球に出場して注目を集め、東京オリオンズ(現ロッテ)に入団。3年目にレギュラーとなる。69年には打率.301を打ち、翌年は1チーム20ホームラン以上が5人という史上初の驚異打線の一員として大活躍。1979年に西武ライオンズ移籍後も、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得するなど、攻走守すべてにおいて活躍をみせた。引退後は野球解説者、野球評論家として活動している。

山崎裕之氏がソフトB工藤新監督に松坂の“見切り時”を直撃

公開日: 更新日:

【山崎裕之 2015キャンプ探訪】

 ホークスキャンプの話題を独占している松坂大輔(34)は、1年間フルに働けるのか? 恐らく工藤新監督が最も懸念している点を、ズバリ聞いた。

「松坂については今のところ、何も心配していません。本人は(スポーツ)新聞などで、『左足のステップが開く』とか『左肩の開きが早い』などと書かれているので、それを気にしながらフォームをチェックしている毎日です」

 首脳陣から調整法を任されているという松坂は10日、ブルペンで140球以上を投げ込んだ。久しぶりに、彼の投球をじっくり見た。

 直球は腕が振れているし、時折いい球もあるが、まだ球離れが早い。球の切れも横で投げている中田の方が上だ。

 気になったのはカーブやスライダーが多いこと。捕手の後ろから見ると、カーブの時は腕の振りが遅くなる。試合になっても同じなら、すぐに球種を見破られる。西武時代の松坂をよく知っているだけに、今の状態では「2ケタ勝利」には疑問符をつけざるを得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  5. 5

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  6. 6

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  7. 7

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

  8. 8

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  9. 9

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  10. 10

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る