OP戦初マルチのイチロー 早くもマーリンズの稼ぎに大貢献

公開日: 更新日:

 19日のブレーブス戦でマーリンズのイチローが「6番・右翼」でスタメン出場し、3打数2安打1打点。六回1死二塁の好機で左中間への適時二塁打を放つなど、オープン戦初マルチを記録した。これで出場4戦連続安打だ。

 そのマーリンズのフロントが、早くも「イチロー効果だ」と喜んでいるという。

 キャンプ地フロリダ州ジュピターのロジャー・ディーン・スタジアムでは、ここまで8試合を行い、観客動員数は4万2362人(1試合平均5295人=17日終了時)。3万3948人だった昨年の同時期と比べて1000人近くも増えている。本拠地「マーリンズ・パーク」からキャンプ地ジュピターは、わずか140キロ。車で約1時間半と近いことから、イチロー見たさにマイアミ市民が足を運んでいる、とみているのだ。

 マーリンズは今季のシーズンチケットの販売も好調。2月22日付の「CBSスポーツ」(電子版)によれば、12年の新球場開設以来、販売枚数は最高を記録しているという。これまでシーズンチケットが最も売れたのは開場1年目の1万2000席。マーリンズのシーズンチケットは21種類あり、平均価格は2530ドル(約30万5000円)。仮に現時点で1万3000席をさばいたとすれば、単純計算で3290万ドル(約39億7000万円)をすでに売り上げたことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか