OP戦初マルチのイチロー 早くもマーリンズの稼ぎに大貢献

公開日: 更新日:

 19日のブレーブス戦でマーリンズのイチローが「6番・右翼」でスタメン出場し、3打数2安打1打点。六回1死二塁の好機で左中間への適時二塁打を放つなど、オープン戦初マルチを記録した。これで出場4戦連続安打だ。

 そのマーリンズのフロントが、早くも「イチロー効果だ」と喜んでいるという。

 キャンプ地フロリダ州ジュピターのロジャー・ディーン・スタジアムでは、ここまで8試合を行い、観客動員数は4万2362人(1試合平均5295人=17日終了時)。3万3948人だった昨年の同時期と比べて1000人近くも増えている。本拠地「マーリンズ・パーク」からキャンプ地ジュピターは、わずか140キロ。車で約1時間半と近いことから、イチロー見たさにマイアミ市民が足を運んでいる、とみているのだ。

 マーリンズは今季のシーズンチケットの販売も好調。2月22日付の「CBSスポーツ」(電子版)によれば、12年の新球場開設以来、販売枚数は最高を記録しているという。これまでシーズンチケットが最も売れたのは開場1年目の1万2000席。マーリンズのシーズンチケットは21種類あり、平均価格は2530ドル(約30万5000円)。仮に現時点で1万3000席をさばいたとすれば、単純計算で3290万ドル(約39億7000万円)をすでに売り上げたことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る