OP戦初マルチのイチロー 早くもマーリンズの稼ぎに大貢献

公開日:  更新日:

 19日のブレーブス戦でマーリンズのイチローが「6番・右翼」でスタメン出場し、3打数2安打1打点。六回1死二塁の好機で左中間への適時二塁打を放つなど、オープン戦初マルチを記録した。これで出場4戦連続安打だ。

 そのマーリンズのフロントが、早くも「イチロー効果だ」と喜んでいるという。

 キャンプ地フロリダ州ジュピターのロジャー・ディーン・スタジアムでは、ここまで8試合を行い、観客動員数は4万2362人(1試合平均5295人=17日終了時)。3万3948人だった昨年の同時期と比べて1000人近くも増えている。本拠地「マーリンズ・パーク」からキャンプ地ジュピターは、わずか140キロ。車で約1時間半と近いことから、イチロー見たさにマイアミ市民が足を運んでいる、とみているのだ。

 マーリンズは今季のシーズンチケットの販売も好調。2月22日付の「CBSスポーツ」(電子版)によれば、12年の新球場開設以来、販売枚数は最高を記録しているという。これまでシーズンチケットが最も売れたのは開場1年目の1万2000席。マーリンズのシーズンチケットは21種類あり、平均価格は2530ドル(約30万5000円)。仮に現時点で1万3000席をさばいたとすれば、単純計算で3290万ドル(約39億7000万円)をすでに売り上げたことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る