スタメン初実戦も イチローが新天地で強いられる“他力本願”

公開日: 更新日:

 マーリンズ・イチロー(41)が新天地で実戦デビューを果たした。

 3日(日本時間4日)のマイアミ大学との練習試合に「6番・右翼」でスタメン出場。二回無死一塁からフルカウントまで粘った末に四球で出塁した。一度もバットを振らず、1打席のみの限定出場だったため、三回の守備で退いた。この日は正右翼手のスタントン(25)がDHに入り、代わってイチローが本職の右翼に入った。

 指揮官は「4人目の外野手」であるイチローの起用法について「毎日でも使う方法はある。幸いなことにナ・リーグは(投手の)代打も利用できるから」と積極的に出場機会を与えると話す。

 イチロー本人もキャンプ初日に4人目の外野手の位置付けについて「自分の立場は理解しているし、受け入れている。ただ、昨年は5番目の外野手だった。どうなるか楽しみですね」と143試合に出場した昨季を引き合いに出して定位置取りに自信を見せているものの、現実は厳しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る