• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

球団幹部が異例の来日 マーリンズ入りイチロー「契約の中身」

 今季はメジャーでも一、二を争う渋チン球団でプレーするベテラン外野手の契約の詳細が明らかになった。

 マーリンズと1年契約を交わしたイチロー(41)。28日(日本時間29日)、米スポーツ専門局「ESPN」(電子版)が報じたところによれば、年俸は200万ドル(約2億3500万円)。これに打席数に応じた出来高払いが付く。300打席を超えれば出来高が発生し、50打席ごとに40万ドルずつ加算される。600打席をクリアすれば最大で280万ドル(約3億2900万円)のボーナスが支払われるという。

 今季のイチローは年俸と合わせて最高で480万ドル(約5億6400万円)を手にできるものの、現実は厳しい。打席数が600に到達するには、ほぼ毎試合でスタメン出場しなければ不可能だからだ。

 今季は「4人目の外野手」で主力のバックアップとしての起用が確実。左翼イエリッチ、中堅オズナ、右翼スタントンの主力が故障で長期離脱をしない限り、打席数は稼げない。控え外野手としてスタートした昨季はヤンキースで143試合に出場して打席数は385。今季も400打席に達しなければ、出来高は80万ドル(約9400万円)になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る