球団幹部が異例の来日 マーリンズ入りイチロー「契約の中身」

公開日: 更新日:

 今季はメジャーでも一、二を争う渋チン球団でプレーするベテラン外野手の契約の詳細が明らかになった。

 マーリンズと1年契約を交わしたイチロー(41)。28日(日本時間29日)、米スポーツ専門局「ESPN」(電子版)が報じたところによれば、年俸は200万ドル(約2億3500万円)。これに打席数に応じた出来高払いが付く。300打席を超えれば出来高が発生し、50打席ごとに40万ドルずつ加算される。600打席をクリアすれば最大で280万ドル(約3億2900万円)のボーナスが支払われるという。

 今季のイチローは年俸と合わせて最高で480万ドル(約5億6400万円)を手にできるものの、現実は厳しい。打席数が600に到達するには、ほぼ毎試合でスタメン出場しなければ不可能だからだ。

 今季は「4人目の外野手」で主力のバックアップとしての起用が確実。左翼イエリッチ、中堅オズナ、右翼スタントンの主力が故障で長期離脱をしない限り、打席数は稼げない。控え外野手としてスタートした昨季はヤンキースで143試合に出場して打席数は385。今季も400打席に達しなければ、出来高は80万ドル(約9400万円)になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  4. 4

    だから宮迫博之は嫌われる ボートレース広告ギャラで悶着

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  7. 7

    1万ドル拾った米国男性が落とし主から受け取った謝礼は…

  8. 8

    G丸が補欠危機 熾烈な外野手争いと打率低迷で安泰にあらず

  9. 9

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  10. 10

    二階発言が口火になるか…外堀が埋まりつつある“五輪中止”

もっと見る