奇声ダンスのワケ…「4人目外野手」イチローに求められる道化

公開日: 更新日:

 マーリンズ・イチロー(41)がチームのムードメーカーとして一役買っている。

 オープン戦初戦となった5日(日本時間6日)のカージナルス戦。イチローは試合開始直前のベンチで何事か奇声を発しながらダンスを披露。実績のあるベテラン選手によるパフォーマンスに若い同僚たちは大爆笑だった。

 今季は「4人目の外野手」としての立場で、開幕後はベンチスタートが確実だ。レドモンド監督は「ほぼ毎試合、使う方法はある」と話し、投手の代打に加えて代走や守備固めでの起用をほのめかしている。指揮官はスーパーサブとしての活躍に期待を寄せているものの、「道化役」の仕事も求めているともっぱらだ。

 メジャーではチームの士気を高めたり、一体感を生むため、試合前に選手が余興を披露することが珍しくない。盛り上げ役を務めるのは大半がイチローのようなベテラン選手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る