• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初登板で敗戦投手の岩隈 “真の敵”は右手中指のマメにあり

 メジャーで抜群の制球力を誇るベテラン右腕に課題が浮上した。

 マリナーズ・岩隈久志(33)が8日(日本時間9日)、本拠地セーフコフィールドでのエンゼルス戦に今季初登板。立ち上がりから乱調で、初回に3番プホルスに2ランを許すなど、序盤に一気に5点を失った。三回以降は持ち直したものの、六回を投げ終え9安打5失点で降板し、敗戦投手となってしまった。

 メジャー4年目の今季は決め球のひとつであるスプリットの精度を高めるため、これまでよりも握りを強くした。指のかかり具合を良くして制球を安定させる狙いからだが、これが裏目に出た。

 指に力を入れ過ぎるあまり、キャンプ、オープン戦では中指に頻繁にマメができて、逆にスプリットの制球が定まらなくなった。キャンプ中に打者を立たせて行った投球練習ではスプリットがスッポ抜け、打者の頭にぶつけたことすらあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る