初登板で敗戦投手の岩隈 “真の敵”は右手中指のマメにあり

公開日: 更新日:

 メジャーで抜群の制球力を誇るベテラン右腕に課題が浮上した。

 マリナーズ・岩隈久志(33)が8日(日本時間9日)、本拠地セーフコフィールドでのエンゼルス戦に今季初登板。立ち上がりから乱調で、初回に3番プホルスに2ランを許すなど、序盤に一気に5点を失った。三回以降は持ち直したものの、六回を投げ終え9安打5失点で降板し、敗戦投手となってしまった。

 メジャー4年目の今季は決め球のひとつであるスプリットの精度を高めるため、これまでよりも握りを強くした。指のかかり具合を良くして制球を安定させる狙いからだが、これが裏目に出た。

 指に力を入れ過ぎるあまり、キャンプ、オープン戦では中指に頻繁にマメができて、逆にスプリットの制球が定まらなくなった。キャンプ中に打者を立たせて行った投球練習ではスプリットがスッポ抜け、打者の頭にぶつけたことすらあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る