初登板で敗戦投手の岩隈 “真の敵”は右手中指のマメにあり

公開日: 更新日:

 メジャーで抜群の制球力を誇るベテラン右腕に課題が浮上した。

 マリナーズ・岩隈久志(33)が8日(日本時間9日)、本拠地セーフコフィールドでのエンゼルス戦に今季初登板。立ち上がりから乱調で、初回に3番プホルスに2ランを許すなど、序盤に一気に5点を失った。三回以降は持ち直したものの、六回を投げ終え9安打5失点で降板し、敗戦投手となってしまった。

 メジャー4年目の今季は決め球のひとつであるスプリットの精度を高めるため、これまでよりも握りを強くした。指のかかり具合を良くして制球を安定させる狙いからだが、これが裏目に出た。

 指に力を入れ過ぎるあまり、キャンプ、オープン戦では中指に頻繁にマメができて、逆にスプリットの制球が定まらなくなった。キャンプ中に打者を立たせて行った投球練習ではスプリットがスッポ抜け、打者の頭にぶつけたことすらあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る