• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャーで争奪戦か “問題児”グリエル抱える数々のハンディ

 先日、DeNAが契約を解除したキューバ人内野手のグリエル(30)が、ヤンキースへの入団を希望したと話題になっている。米ヤフーニュースの取材に、「世界の最高レベルでプレーするのはすべての選手の夢。プレーしたい球団? ザ・ヤンキース」と答えたのだ。

 もっとも、米国とキューバは現在、国交回復交渉の最中。グリエルに亡命の意思はなく、「禁輸措置が解け、政府がメジャーでプレーする許可を与えると言うのを待っている」(グリエル)状態だ。

 グリエルはDeNAと契約しながら、来日の意思すら見せなかった。まるで契約を解除されるのを待っているかのような態度だったから、恐らくどこかのメジャー球団にツバを付けられているに違いない。

 国交が正常化され、キューバ人選手が自由にメジャーでプレーできるようになれば、有力選手は莫大な金額による争奪戦になる。そうやって派手な札束合戦が繰り広げられる前に、いまのうちから水面下で青田買いが行われているともいわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る