指摘される球威不足 マー君に浮上する「速球投げられない」説

公開日:  更新日:

 単なる1敗では済みそうにない。

 6日(日本時間7日)、ブルージェイズとの開幕戦で4回を1本塁打含む5安打5失点で黒星スタートとなったヤンキースの田中将大(26)。

 ストレートの最速は150キロ。140キロ台前半の球威ない速球が少なくなかった。昨季、田中に3戦して3勝を献上したブルージェイズの打者からも球威不足を指摘する声が上がっており、三回に2ランを放った主砲のエンカーナシオンは「去年は92~93マイル(約148~150キロ)出ていたが、今年は89~90マイル(約143~145キロ)の球が多い。去年の方が打つのは難しかった」と話した。

 田中は開幕直前、通算219勝で野球殿堂入りしたペドロ・マルティネス氏から「速球を(全力で)投げるのをためらっているし、変化球も切れがあるものではない。球速も本来の姿ではない」とダメ出しされたばかり。メジャーの選手、関係者の多くが田中の球威は昨季と比べて明らかに見劣りすると見ているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る