指摘される球威不足 マー君に浮上する「速球投げられない」説

公開日: 更新日:

 単なる1敗では済みそうにない。

 6日(日本時間7日)、ブルージェイズとの開幕戦で4回を1本塁打含む5安打5失点で黒星スタートとなったヤンキースの田中将大(26)。

 ストレートの最速は150キロ。140キロ台前半の球威ない速球が少なくなかった。昨季、田中に3戦して3勝を献上したブルージェイズの打者からも球威不足を指摘する声が上がっており、三回に2ランを放った主砲のエンカーナシオンは「去年は92~93マイル(約148~150キロ)出ていたが、今年は89~90マイル(約143~145キロ)の球が多い。去年の方が打つのは難しかった」と話した。

 田中は開幕直前、通算219勝で野球殿堂入りしたペドロ・マルティネス氏から「速球を(全力で)投げるのをためらっているし、変化球も切れがあるものではない。球速も本来の姿ではない」とダメ出しされたばかり。メジャーの選手、関係者の多くが田中の球威は昨季と比べて明らかに見劣りすると見ているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る