指摘される球威不足 マー君に浮上する「速球投げられない」説

公開日: 更新日:

 単なる1敗では済みそうにない。

 6日(日本時間7日)、ブルージェイズとの開幕戦で4回を1本塁打含む5安打5失点で黒星スタートとなったヤンキースの田中将大(26)。

 ストレートの最速は150キロ。140キロ台前半の球威ない速球が少なくなかった。昨季、田中に3戦して3勝を献上したブルージェイズの打者からも球威不足を指摘する声が上がっており、三回に2ランを放った主砲のエンカーナシオンは「去年は92~93マイル(約148~150キロ)出ていたが、今年は89~90マイル(約143~145キロ)の球が多い。去年の方が打つのは難しかった」と話した。

 田中は開幕直前、通算219勝で野球殿堂入りしたペドロ・マルティネス氏から「速球を(全力で)投げるのをためらっているし、変化球も切れがあるものではない。球速も本来の姿ではない」とダメ出しされたばかり。メジャーの選手、関係者の多くが田中の球威は昨季と比べて明らかに見劣りすると見ているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る