復帰バレが即故障も 単独首位ヤクルトは「営業面」も順風満帆

公開日:  更新日:

 ヤクルトが24日の巨人戦でサヨナラ勝ち、セの単独首位に立った。前年の最下位球団が、開幕1カ月弱ながら好調をキープしていることで営業面にも変化が出ている。マスコミ関係者が言う。

「今年は真中新監督が就任するなどチームへの期待感、営業努力もあってか、看板広告のスポンサーが5社ほど増えた。ネット裏、ベンチに広告を設置しましたが、これだけで前年比5000万円以上の増収といいます。新設した4人がけの『マイナビシート』も、グラウンド全体を見渡せることもあり、売れ行きが好調のようです」

 ヤクルトは数年前、外野フェンスに全面広告を出していたIT企業が撤退。3年5億円といわれる収入が吹き飛ぶなどスポンサー集めに四苦八苦した時期もあった。

「当時はリーマン・ショックも重なり、広告がなかなか見つからなかったが、今年は違う。このまま上位にいてCS進出、優勝となれば、広告を取る際の指標となる観客動員増につながる」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る