ヤクルト小川2勝目も 快挙逃した原因は自ら放った適時打か

公開日:  更新日:

 結局、完全試合どころか完封勝利も完投勝利も逃してしまった。

 17日のDeNA戦でヤクルトの小川泰弘(24)が、七回1死まで「完全試合」の快投。大記録達成を予感させる完璧な投球内容にスタンドがざわめき始めた矢先、高めに抜けた直球をDeNAの2番・白崎に右前に運ばれた。

 そして、完封目前の九回1死一、二塁。再び打席に白崎を迎え、今度はきっちり遊ゴロ。併殺に打ち取ってゲームセット──と思ったら、大引がまさかの二塁悪送球。1点を失った小川はここでマウンドを降ろされたものだから、今季2勝目も喜び半分といったところだろう。

 ネット裏の他球団スコアラーがこう言った。

「きょうの小川はスピード、キレ、制球とどれもパーフェクトだった。これは完全試合もあるぞ、と思って見てましたが、完璧だった小川の歯車が狂ったとしたら六回裏のヤクルトの攻撃でしょうね。先頭の4番・雄平がソロ本塁打を放って均衡を破ったあと、なお2死一、三塁の好機をつくった。ここで、打席には投手の小川。三振して次の回の投球に集中した方がいいんじゃないかと思いましたが、小川は中前にはじき返して、自ら2点目を叩き出した。やばいぞと思いましたね。完全試合の大記録は得てして緊迫したゲームで達成されるものですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る