• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤクルト小川2勝目も 快挙逃した原因は自ら放った適時打か

 結局、完全試合どころか完封勝利も完投勝利も逃してしまった。

 17日のDeNA戦でヤクルトの小川泰弘(24)が、七回1死まで「完全試合」の快投。大記録達成を予感させる完璧な投球内容にスタンドがざわめき始めた矢先、高めに抜けた直球をDeNAの2番・白崎に右前に運ばれた。

 そして、完封目前の九回1死一、二塁。再び打席に白崎を迎え、今度はきっちり遊ゴロ。併殺に打ち取ってゲームセット──と思ったら、大引がまさかの二塁悪送球。1点を失った小川はここでマウンドを降ろされたものだから、今季2勝目も喜び半分といったところだろう。

 ネット裏の他球団スコアラーがこう言った。

「きょうの小川はスピード、キレ、制球とどれもパーフェクトだった。これは完全試合もあるぞ、と思って見てましたが、完璧だった小川の歯車が狂ったとしたら六回裏のヤクルトの攻撃でしょうね。先頭の4番・雄平がソロ本塁打を放って均衡を破ったあと、なお2死一、三塁の好機をつくった。ここで、打席には投手の小川。三振して次の回の投球に集中した方がいいんじゃないかと思いましたが、小川は中前にはじき返して、自ら2点目を叩き出した。やばいぞと思いましたね。完全試合の大記録は得てして緊迫したゲームで達成されるものですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る