ヤクルト小川2勝目も 快挙逃した原因は自ら放った適時打か

公開日: 更新日:

 結局、完全試合どころか完封勝利も完投勝利も逃してしまった。

 17日のDeNA戦でヤクルト小川泰弘(24)が、七回1死まで「完全試合」の快投。大記録達成を予感させる完璧な投球内容にスタンドがざわめき始めた矢先、高めに抜けた直球をDeNAの2番・白崎に右前に運ばれた。

 そして、完封目前の九回1死一、二塁。再び打席に白崎を迎え、今度はきっちり遊ゴロ。併殺に打ち取ってゲームセット──と思ったら、大引がまさかの二塁悪送球。1点を失った小川はここでマウンドを降ろされたものだから、今季2勝目も喜び半分といったところだろう。

 ネット裏の他球団スコアラーがこう言った。

「きょうの小川はスピード、キレ、制球とどれもパーフェクトだった。これは完全試合もあるぞ、と思って見てましたが、完璧だった小川の歯車が狂ったとしたら六回裏のヤクルトの攻撃でしょうね。先頭の4番・雄平がソロ本塁打を放って均衡を破ったあと、なお2死一、三塁の好機をつくった。ここで、打席には投手の小川。三振して次の回の投球に集中した方がいいんじゃないかと思いましたが、小川は中前にはじき返して、自ら2点目を叩き出した。やばいぞと思いましたね。完全試合の大記録は得てして緊迫したゲームで達成されるものですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る