不振のヤクルト大引が吐露「結果が出ず、申し訳ない気持ち」

公開日: 更新日:

 今季からヤクルトにFA移籍した大引が開幕から不振に陥っている。打率.095。12日の巨人戦では早くも今季3度目のスタメン落ちを経験。真中監督は「シーズンは始まったばかり。守備では貢献してくれているし、経験のある選手だから」と話すが、本人は不振をどう感じているのか。

――ここまで打率.095と結果が出ていません。

「結果が出ず、申し訳ない気持ちです。ただ、オープン戦の時よりも今の方が芯で捉える打球が増えて、状態は良くなっていると思っています。打撃をいじったりせず、どこまで我慢強くできるかだと思っています」

――良い当たりが野手の正面にいったり、ハードラックなところはありますね。

「他の選手でもあることですし、精神面に影響しないようにしたい。練習の時、打席に入る前から暗い感じでいると、運も逃げていってしまう。腐らず、めげずです。それに自分はベテランですから、若い選手が多い中で、つらいところを見せたら周りを心配させてしまいます。常に前向きに明るくという気持ちは大事にしたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る