• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

防御率12球団トップに ヤクルト“ボロボロ投手陣”なぜ蘇った

 投壊チームが一転、投手王国になりつつある。ヤクルトは10日の巨人戦を3-2で勝利。これで56年西鉄に並ぶ開幕から13試合連続の3失点以下と、投手陣が獅子奮迅の働きを見せているのだ。

 前年リーグワーストだったチーム防御率(4.62)は大幅に改善し、12球団トップの1.51(10日現在)。ボロボロ投手陣が息を吹き返した要因は何か。

 個々の成長に加えて、昨季は固定できなかったリリーフ陣が安定したのはもちろん、今季から先発投手に限り、登板日の全体練習が自由参加になったことが大きい、と選手は口を揃える。

 先発投手は試合前は試合のビデオを見たり、トレーニングルームでバイクをこいだり、マウンドに上がるまで各自で仕上げていく。考案した高津コーチは「無駄な時間を過ごさないことが直接、影響しているか分からないが、やりやすくなったとは思う」と言えば、リーグ2位の防御率0.64をマークしている石山もこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る