防御率12球団トップに ヤクルト“ボロボロ投手陣”なぜ蘇った

公開日:  更新日:

 投壊チームが一転、投手王国になりつつある。ヤクルトは10日の巨人戦を3-2で勝利。これで56年西鉄に並ぶ開幕から13試合連続の3失点以下と、投手陣が獅子奮迅の働きを見せているのだ。

 前年リーグワーストだったチーム防御率(4.62)は大幅に改善し、12球団トップの1.51(10日現在)。ボロボロ投手陣が息を吹き返した要因は何か。

 個々の成長に加えて、昨季は固定できなかったリリーフ陣が安定したのはもちろん、今季から先発投手に限り、登板日の全体練習が自由参加になったことが大きい、と選手は口を揃える。

 先発投手は試合前は試合のビデオを見たり、トレーニングルームでバイクをこいだり、マウンドに上がるまで各自で仕上げていく。考案した高津コーチは「無駄な時間を過ごさないことが直接、影響しているか分からないが、やりやすくなったとは思う」と言えば、リーグ2位の防御率0.64をマークしている石山もこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る