• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第24回>「プロでやっていくには優し過ぎる気がした」

「翔平、すっかり有名になっちゃったな」

「テレビのニュースとかにも、いっぱい映ってるし」

「あんなふうになってホント、すげーよな」

「スゴいよ。確かにスゴいんだけど、なんか不思議な感じしねー?」

「する、する。(成人式で会ったときも)オレらにとってはフツー、中学のときと全然、変わってねーもんな」

 今年1月、大谷の通った水沢南中学校3年7組のクラス会があった。大谷本人は成人式の後、すぐに帰京したため出席しなかったものの、同窓会は大谷の話題で盛り上がった。

 プロ1年目から二刀流が注目され、「10勝、10本塁打」をマークした昨季は年俸も1億円にハネ上がった。いまをときめくプロ野球のスター選手なのに、久々に成人式で会った同級生たちには近寄り難い雰囲気を感じさせなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る