• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第24回>「プロでやっていくには優し過ぎる気がした」

「翔平、すっかり有名になっちゃったな」

「テレビのニュースとかにも、いっぱい映ってるし」

「あんなふうになってホント、すげーよな」

「スゴいよ。確かにスゴいんだけど、なんか不思議な感じしねー?」

「する、する。(成人式で会ったときも)オレらにとってはフツー、中学のときと全然、変わってねーもんな」

 今年1月、大谷の通った水沢南中学校3年7組のクラス会があった。大谷本人は成人式の後、すぐに帰京したため出席しなかったものの、同窓会は大谷の話題で盛り上がった。

 プロ1年目から二刀流が注目され、「10勝、10本塁打」をマークした昨季は年俸も1億円にハネ上がった。いまをときめくプロ野球のスター選手なのに、久々に成人式で会った同級生たちには近寄り難い雰囲気を感じさせなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る