<第23回>「大人びた性格」を育んだ末っ子気質と運動能力

公開日:  更新日:

 岩手・水沢南中時代の大谷はグラウンドや校庭で人目を引くことはあっても、教室の中や課外活動で目立つことはほとんどなかった。

 中3時の担任・太田和成(38)には、運動会の応援リーダーをやったことが記憶に残っているくらい。

 大谷は3年7組。5人のリーダーのひとりとして、1年7組や2年7組の後輩に応援時の振り付け、踊りなどを教え、覚えさせるのが主な役割だった。

 それにしたっておそらく、自分から積極的に手を挙げたわけではない。「仲の良い友達と一緒にリーダーになりたかったんじゃないでしょうか。(5人のリーダーの)中心になるという感じではなかった気がします」と太田は話す。授業中も積極的に発言するタイプではなかった。

 しかし、だからといって、分からないから、出来ないから手を挙げないわけではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る