• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第23回>「大人びた性格」を育んだ末っ子気質と運動能力

 岩手・水沢南中時代の大谷はグラウンドや校庭で人目を引くことはあっても、教室の中や課外活動で目立つことはほとんどなかった。

 中3時の担任・太田和成(38)には、運動会の応援リーダーをやったことが記憶に残っているくらい。

 大谷は3年7組。5人のリーダーのひとりとして、1年7組や2年7組の後輩に応援時の振り付け、踊りなどを教え、覚えさせるのが主な役割だった。

 それにしたっておそらく、自分から積極的に手を挙げたわけではない。「仲の良い友達と一緒にリーダーになりたかったんじゃないでしょうか。(5人のリーダーの)中心になるという感じではなかった気がします」と太田は話す。授業中も積極的に発言するタイプではなかった。

 しかし、だからといって、分からないから、出来ないから手を挙げないわけではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る