• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第23回>「大人びた性格」を育んだ末っ子気質と運動能力

 岩手・水沢南中時代の大谷はグラウンドや校庭で人目を引くことはあっても、教室の中や課外活動で目立つことはほとんどなかった。

 中3時の担任・太田和成(38)には、運動会の応援リーダーをやったことが記憶に残っているくらい。

 大谷は3年7組。5人のリーダーのひとりとして、1年7組や2年7組の後輩に応援時の振り付け、踊りなどを教え、覚えさせるのが主な役割だった。

 それにしたっておそらく、自分から積極的に手を挙げたわけではない。「仲の良い友達と一緒にリーダーになりたかったんじゃないでしょうか。(5人のリーダーの)中心になるという感じではなかった気がします」と太田は話す。授業中も積極的に発言するタイプではなかった。

 しかし、だからといって、分からないから、出来ないから手を挙げないわけではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る